eye catch

誰でも出来る!かかとの黒ずみ解消方法&予防方法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

知らず知らずのうちにかかとが黒ずんできた。素足になる機会が増える夏、黒ずんだかかとが恥ずかしい。とお悩みではございませんか?

かかとに限らず、黒ずみは気がついたら黒くなっていて自分で認識してしまうと恥ずかしさを感じてしまいます。

今日はかかとの黒ずみを解消する方法や今後黒ずみが出来ないための予防方法についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

1.かかとに黒ずみが出来る原因

Darkening of the heel

かかとに出来る黒ずみの原因のほとんどは古い角質の滞留です。黒ずんだかかとにお悩みのあなたはカサカサ角質にもお悩みではございませんか?

正常なターンオーバーが出来ずに古い角質が残ってしまうことによってガサガサと固くなり、黒ずんでしまうのです。

そもそもかかとが固くなるのはなぜでしょうか?まずはかかとに角質が出来る原因について見ていきましょう。

固い角質の原因:摩擦などの刺激

黒く固い角質が出来る原因は摩擦などの外部からの刺激が影響しています。かかと、足は一日を通して全く動かさない日がないですよね?地面と接地するために受ける摩擦、靴下や靴での摩擦、睡眠中の布団での摩擦などかかとは日々あらゆる摩擦による刺激を受けています。

皮膚は摩擦を受けると、刺激に対抗しようと肌を固くしてしまいます。そのため刺激を受ける機会の多いかかとはガサガサと固くなってそれが滞留することで黒ずみが出来てしまうのです。

固い角質の原因:乾燥

かかとの黒ずみ、角質が気になるのは冬ではありませんか?冬は空気が乾燥するため角質が出来やすいです。さらに室内では暖房を使うため湿度も低くなるためさらに角質が出来やすい季節です。自宅で室内で素足で生活していると乾燥した室内に肌表面の水分が奪われてしまいます。

またかかとは皮脂を分泌する皮脂腺が少ない箇所なんです。そのため肌を保護する効果がある皮脂が不足しがちで乾燥しやすい箇所の一つとなっています。

かかとの乾燥が進むと角化症の原因となってガサガサの頑固な角質が出来上がります。

このようにかかとは日々の摩擦、乾燥しやすいという2つの理由から角質が出来やすく黒ずみやすくなっているのです。

2.かかとの角質を解消する方法

Cancellation method

かかとに黒ずみが出来る原因はご理解頂けましたでしょうか?それをふまえ、ここからはかかとの黒ずみ、角質を解消する方法をご紹介しますね。かかとの角質を解消には3つの方法があります。

かかとの黒ずみ解消方法:削る

Dr. Scholl

amazon

もうすでに黒ずんでいる黒ずみを削り取る方法です。日本では昔から「軽石」でかかとの角質を除去してきました。専用のリムーバーは手の力を入れずにかかとの黒ずみ、角質を除去することが出来る方法です。電動で丁寧に削り取ることで黒ずみ以外の健康な肌を傷付けることなく黒ずみを除去することが出来ますよ。リムーバーなどを使ってかかとの角質を削り取る方法については「かかとの角質:即効性なら角質を削るリムーバーを使え!」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

かかとの黒ずみ解消方法:剥がす

baby foot
amazon

かかとの黒ずみを根こそぎ除去するためには「剥がす」のが効果的で手っ取り早いです。こちらの商品は専用のジェルに足を入れて指定された時間待ちます。すると使用後1週間程度掛けて角質が面白いように剥がれてくるため黒ずみも一緒に解消出来ちゃいますよ。面白いように角質が取れてきますので頑固な黒ずみ、角質が気になっている方は是非試してみてくださいね。かかとのピーリングの注意点や使い方に関しては「かかとの角質:ピーリングでツルッとキレイにしちゃおう!」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

かかとの黒ずみ解消方法:磨く

foot Scrub
amazon

フットスクラブを使って黒ずみを磨いてキレイにする方法です。リムーバーを使って削るより肌に優しいため敏感肌の人、軽度の角質や黒ずみにオススメです。

スクラブにはひんやりするミントが含まれているため夏場の蒸れる足のケアをしながら黒ずみ、角質にも対処出来るのが嬉しいメリットですね。フットスクラブの使い方や注意点については「フットスクラブで角質ケアしたい人に伝えたい4つのこと」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

3.かかとの黒ずみを予防する方法

The prevention

かかとの黒ずみを解消するための3つの方法はそれぞれメリット・デメリットがありますがどれも効果的な方法です。それぞれじっくり読んでいただきあなたに合った方法で試してみてくださいね。

かかとの黒ずみは一度解消出来ても、油断するとまた新たな黒ずみが出来てしまいます。出来てしまった黒ずみに対処するより出来ないように予防するのも大切です。ここではかかとに黒ずみが出来ないための予防方法をご紹介しますね。

かかとの黒ずみ予防:保湿

かかとに出来る黒ずみを予防するために一番大切なことは保湿です。顔は毎日のように保湿ケアしますよね?同様に黒ずみが出来やすいかかとも保湿することで予防していきましょう。先ほどもご紹介したようにかかとは日々刺激に晒されていますのでしっかりと保湿してあげましょう。

nuruonnssenn2
参考URL:塗る温泉

かかとの保湿は普段使用している保湿性化粧品でも問題ありませんが、保湿力の高い保湿クリームをオススメします。塗る温泉は温泉特有のミネラル成分がたっぷり含まれているため保湿力が高くまるで温泉に入った後のようなもちもち肌を実感出来ます。かかとだけじゃなく乾燥が気になる箇所はどこにでも使うことが出来ますよ。赤ちゃんのおむつかぶれにも使えるくらい肌に優しいので敏感肌の人でも安心して使うことが出来ますよ。

かかとの黒ずみ予防:刺激を軽減する

heel sox
amazon

かかとの黒ずみ予防には日々の刺激から守ってあげることも大切です。黒ずみ、角質ともに刺激によって出来てしまうため刺激を軽減するのは効果的な予防方法です。

サポーターの中に保湿シートが入っているためサポーターを付けているだけでかかとの保湿に繋がりますし、摩擦対策に効果的です。サポーター自体、薄いので上から靴下を着用することが出来ますよ。

かかとの黒ずみ予防:睡眠中のケア

night care
amazon

夜更かししたり、睡眠不足が続くと肌がボロボロになった経験はございませんか?肌の新陳代謝は睡眠中に活発になります。睡眠中にかかとをケアしてあげることで黒ずみや角質を改善することが出来ます。ユースキンAは手荒れクリームとしてご存知の方も多いのではないでしょうか?ユースキンAはかかとに出来た角質除去にも効果的です。ナイトケアセットは専用の靴下と一緒に使うことがかかとの黒ずみを睡眠中に改善していくことが出来ますよ。

おやすみ前の入浴で固くなった角質に水分、潤いを与えクリームを塗って靴下を着用することでより角質改善に効果的ですよ。

まとめ

かかとは日々の摩擦や乾燥により角質が出来やすく黒ずみやすくなっています。出来てしまった黒ずみには削る、剥がす、磨くという3つの対処方法がありますのであなたに合った方法で試してみてくださいね。

かかとの黒ずみ、角質が出来ないように予防も怠らないようにしましょう。まずは保湿することが大切です。また、かかとの刺激を減らす工夫も必要ですね。

今日ご紹介したかかとの黒ずみ解消方法、予防方法を参考にしていただき黒ずみ改善にお役立てくださいね。