アイキャッチ

妊娠したときに起こる肌荒れの症状や原因と解消法を徹底解説

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アイキャッチ

妊娠すると肌荒れが起こりやすいと聞いていたものの、どの程度肌荒れが起こるのかわからなくて不安になっているという状態ではありませんか?もしくは、今まで肌荒れはしなかったのに妊娠してから肌荒れがひどくなってきたと感じているのではないでしょうか?妊娠をするといつもの体の状態とは異なるため、肌荒れに悩まされるという方も多くいます。今回は妊娠することで肌荒れが起こる理由と、肌荒れを解消するための方法をご紹介します。なお、妊娠初期の肌荒れについては「妊娠初期に起こる肌荒れの症状と解消するための3つの対処法」の記事も合わせて参考にしてください。

妊娠したときに起こる肌荒れの症状

妊婦さん

妊娠したときに起こる肌荒れの症状としては下記のようなものが挙げられます。

  • 乾燥肌
  • シミ
  • ニキビ

多くの方が上記のような肌荒れに悩まされていることでしょう。それでは、なぜ今までは肌荒れが起きていなかったのに、妊娠をしてから上記のような肌荒れが起きてしまうのでしょうか?次で解説を行っていきます。

妊娠すると肌荒れが起こりやすくなる理由

腹痛の女性

妊娠したときに起こる肌荒れの症状についてはご理解いただけたかと思います。ここでは、妊娠すると肌荒れが起こりやすくなってしまう理由についてご説明いたします。

ホルモンバランスの変化

妊娠をするとプロゲステロンというホルモンの分泌が活発になります。このプロゲステロンは肌荒れの原因となってしまうホルモンなのです。ただし、このプロゲステロンは子宮の中で赤ちゃんが成長するためには必ず必要なホルモンになのです。そのため、妊娠中に肌荒れが出るのはある程度仕方のないことだと理解しましょう。

つわりによる栄養バランスの偏り

特に妊娠初期に多いのですが、つわりによって食べられるものが少なくなり、栄養バランスが偏った食生活になってしまうことで、お肌にとって必要な栄養素が得られなくなり肌荒れを起こしてしまいます。

便秘による肌荒れ

これは栄養バランスの偏りにも通じるのですが、便秘になることで老廃物を体の外に出すことができなくなって肌荒れを起こしてしまいます。他にも水分の摂取量が減ることでも便秘の原因となります。

睡眠不足による肌荒れ

妊娠中は睡眠不足になる方も多く、睡眠不足になってしまうと肌荒れを起こしやすくなってしまいます。妊娠中でなくても、睡眠時間を削って仕事をしたり、徹夜で遊んだあとに肌荒れが起きていたいという経験はありますよね?それと同じことが妊娠中にも起こるのです。

妊娠したときに起こる肌荒れの解消法

肌を気にする女性

妊娠したときに肌荒れが起こる理由についてはご理解いただけたでしょう。ここからは、妊娠中に起こる肌荒れを解消するための方法についてご紹介します。

ストレスが溜まりすぎないようにする

ストレスはお肌にとっても赤ちゃんにとっても非常によくないものです。ストレスを溜め込みすぎないように注意をしましょう。どうしてもストレスを感じてしまったり、ストレスが溜まっていると感じたときには、趣味を楽しんだり、美容室に行って髪を切ってリフレッシュしたりとストレス発散をするようにしてくださいね。

適度な運動を行う

妊娠中は妊娠前位に比べると格段と運動不足になってしまいます。運動不足は代謝落ちてしまうのはもちろんのこと、血流の流れも悪くしてしまいます。血行が悪くなることで肌荒れを起こしてしまったり、むくみを起こしてしまう原因となります。お腹も大きくなって動きにくいとは思いますが、できるだけ運動はするようにしましょう。無理のない程度で散歩をしたり、最寄り駅から一駅離れたところで降りて一駅分歩いてみたりと運動ができるような工夫をしましょう。

水分をしっかりととる

便秘にならないようにするためにも水分をしっかりと摂ることが大切です。水分不足になると便が硬くなってしまい便秘の原因となってしまいます。意識的に水は飲むようにしましょう。なお、その際に注意したいのは水分ではなく水だということです。コーヒーやジュースを飲んでいるから水分は摂っていると思うかもしれませんが、そうではなく、ミネラルウォーターなどの水を飲むようにしましょう。

栄養バランスのとれた食事をする

栄養バランスが偏ってしまうのは肌荒れの原因となったり便秘の原因になってしまいます。できるだけ、栄養バランスのとれた食事を摂るように意識しましょう。とはいえ、妊娠色はつわりで食べるのも辛いと思います。そういうときは、食べられるものを食べるようにしてください。他のものも食べられるようになったら、栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

睡眠時間はできるだけ確保する

睡眠時間もしっかりと確保することが大切です。睡眠はお肌のターンオーバーを行う上で非常に大切です。お腹の赤ちゃんのためにもしっかりと眠ることが大切ですので、毎日6時間〜8時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。なお、質の高い睡眠をとることも大切です。眠りにつく2時間前にお風呂に入って体を温めたり、ベッドに入ったらスマホをいじらないようにするなどしてしっかりと眠れるようにしましょう。睡眠が浅いと感じている方は「睡眠の質を劇的に向上させて短時間で爆睡する為の全手法」の記事を参考にしていただいて、深い眠りを取れるようにして下さい。

湯船に浸かってゆっくりとする

熱すぎないぬるま湯でゆっくりとお湯に浸かりましょう。そうすることで、体が温まり汗をかくことで老廃物を排出することができます。リラックス効果もあるので、ストレス解消にもつながります。体を温めることで内臓が温まり、便秘解消の効果があります。体を温かい状態にしておくのはお腹の中の赤ちゃんにとっても大切なことです。体がだるいときや、体調がすぐれなくてお風呂に入るのが難しいときは、足湯だけでも効果がありますので足湯も積極的に行ってみましょう。

最後に

今回は妊娠したときに肌荒れが起こってしまう理由と原因、肌荒れの解消法についてご紹介を致しました。妊娠をすると今までとは一時的に体質が変わってしまうので、肌荒れが起こるのはある程度仕方のないことです。とはいえ、肌荒れを解消する方法はありますのでできるだけ栄養バランスがとれた食事としっかりとした睡眠、少しの運動をして肌荒れに悩まない健康的な生活を送ってくださいね。