eye catch

豆乳バナナに秘められた女性に嬉しい6つの効果

  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
eye catch

豆乳とバナナの組み合わせがダイエットや便秘解消に効果があるって聞いたんだけど、どのように飲めば良いんだろう?とお悩みではございませんか?

豆乳にはイソフラボンや大豆サポニンといったダイエット効果や美容効果がたっぷり含まれていますよ。豆乳の味が好きじゃない人もバナナと一緒することでグッと飲みやすくなりますし、相性の良い豆乳と組み合わせることで相乗効果が期待出来ます。

今日は豆乳とバナナを使ったダイエット効果や便秘解消効果、豆乳とバナナを使ったアレンジレシピをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

豆乳バナナの効果

 

1.豆乳には脂肪吸収する効果

豆乳に含まれている「大豆サポニン」には脂肪吸収を抑制する効果が期待出来ます。肥満体型の人を対象とした実験では大豆サポニンと大豆タンパク質を摂取してもらうことで体重、内脂肪共に大幅に減少したという研究結果もあるようです。

私達の腸にある絨毛には食事などから摂取した栄養を吸収する働きがあります。絨毛が大きいほど、栄養の吸収率が良いとされています。体脂肪率が多い人ほど絨毛が大きく余分な栄養を吸収しやすい状態になっています。豆乳に含まれている大豆サポニンはこの絨毛の大きさを正常なサイズに戻すという働きがあり、余計な脂肪や糖の吸収を抑える効果が期待出来ます。

さらに豆乳には「大豆ペプチド」が含まれています。大豆ペプチドはアミノ酸がいくつか結合して出来ているもので、アミノ酸の吸収率が高く脂肪が燃焼しやすい状態にする効果があります。

2.食欲抑制効果で食べ過ぎ防止

バナナは高カロリーなイメージがありますが、実はバナナ1本84kcalと意外と低カロリーなんです。ご飯茶碗1杯のカロリーが250kcal前後なのでご飯1杯はバナナ3本分のカロリーとなります。バナナ3本食べるとお腹一杯になりますよね?

またバナナにはビタミンB6が豊富に含まれています。ビタミンB6には満腹感を感じやすくする効果があるので食欲を抑制することが出来ますよ。豆乳とバナナをミキサーで混ぜるとボリューム感が増して満足感が得られますよ。

3.良質なタンパク質で筋肉維持で基礎代謝アップ

豆乳は「畑のお肉」と呼ばれるくらい良質な「大豆たんぱく」が含まれています。タンパク質は筋肉を作るためには欠かせない栄養素のうちの一つです。特にダイエット中はタンパク質が不足して筋肉が低下しがちです。タンパク質が慢性的に不足すると、ダイエットして見た目の体重は減るものの実は脂肪じゃなく、筋肉が落ちている可能性があります。筋肉は基礎代謝を消費してくれるので健康的なダイエットに筋肉維持は欠かせません。豆乳に含まれる良質なタンパク質を摂取して筋肉維持に努めましょう。

また大豆たんぱくには、食事で摂取した余計な脂肪と結合して体外へ排出する働きもしてくれます。腸で吸収されずに脂肪を排出することで脂肪がつきにくく、太りにくくなるのでダイエットに効果的です。

4.豆乳バナナで便秘解消

豆乳とバナナの組み合わせは便秘解消に最適です。豆乳にもバナナにも食物繊維が含まれています。食物繊維が便秘に効果的だということはみなさんご存知のことですね。

バナナにはレジスタントスターチというお腹の中で消化されにくいでんぷん質が含まれていて、レジスタントスターチは食物繊維に似た働きをしてくれます。食物繊維にも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あり、この2種類をバランスよく摂取することで便秘解消に効果を発揮するのですがレジスタントスターチは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類の働きを同時にしてくれるので便秘改善に役立ちます。

またレジスタントスターチとバナナに含まれるフラクトオリゴ糖が腸内環境を整えて、悪玉菌を抑制し善玉菌を増やすことでより便秘解消の効果が期待出来ます。

5.女性に嬉しい美肌効果

豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれます。また豆乳もバナナもビタミンが豊富なため美肌効果が期待出来ます。豆乳を使った美容化粧品を見たことはありませんか?化粧品として使われるくらい豆乳の美肌効果は高いんです。

また、バナナに含まれるカリウムは体内の水分バランスを調整する働きがあるので老廃物の排出、むくみ解消効果が期待出来ます。老廃物の蓄積は肌荒れなどの原因となってしまいます。

豆乳、バナナに含まれる豊富なビタミンと老廃物の排出を促すカリウム効果で美肌効果が期待出来ます。

6.女性必見!ダイエットには生理前の豆乳バナナがオススメ

Soybean milk banana

生理前の止まらない食欲が原因でなかなかダイエットが出来ない!とお悩みの方も多いのではないでしょうか?生理前の食欲増加や体重増加には豆乳バナナがオススメなんです!生理前10日から豆乳バナナを毎日欠かさず飲むことで食欲増加、体重の増加を防ぐことが出来るかもしれません。

生理前に太る原因

生理前に食欲が止まらなくなって、太る原因は女性ホルモンが関わっています。生理前は「妊娠準備期間」と言い換えることが出来て、生理前は妊娠するために栄養や水分を体に溜め込もうとします。これはブロゲステロンという女性ホルモンが増加することが原因です。一方、生理が終わるとプロゲステロンが減少して「エストロゲン」というホルモンが増加することで体がいつも通りに戻ることで食欲が減退して体に溜め込もうとする力が弱くなります。

バナナに含まれているセロトニンで食欲抑制&イライラ解消

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、気分を落ち着かせて穏やかにしてくれる効果があります。セロトニンが体内に不足するとイライラの原因となったり、食べても満足しないため食べ過ぎてしまうという生理前に起こりがちな現象を引き起こす原因となります。

他の果物にはほとんど含まれていないのですがバナナにはセロトニンが含まれているため生理中に最適な果物なんです。生理前にセトロニンを摂取することで、イライラから来るドカ食いを防止したりバナナに含まれるビタミンB6での食欲抑制効果が期待出来ます。

生理前10日から豆乳を毎日飲む

生理前10日から豆乳を飲むと、生理前の止まらない食欲を抑えて体に溜め込もうとするのを防ぐことが出来るんです。豆乳に含まれている大豆イソフラボンには女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをしてくれます。生理前はプロゲステロンが多く分泌されてエストロゲンの分泌量が減少することで食欲増加、体重増加となってしまうため、生理前に豆乳を飲むことでエストロゲンに似た働きをしてくれるイソフラボンが働くことで食欲抑制、体重増加を防ぐ効果が期待出来ます。またバナナに含まれているカリウムがむくみや老廃物の排出を促してくれるので生理中のむくみにも効果を発揮してくれます。生理前豆乳ダイエットを3ヶ月継続して4kgの体重減少した人がいるくらい効果が期待出来ます。

生理前豆乳バナナダイエットは生理前10日間、毎日欠かさず豆乳を200ml飲み続けるだけの簡単ダイエット方法です。出来れば朝に飲むことをオススメします。注意点は200ml程度に抑えてイソフラボンの摂取量を70mg〜75mgに抑えることです。イソフラボンの過剰摂取は生理痛を悪化させる恐れがあるので注意が必要です。

生理前豆乳ダイエットについては「豆乳でダイエットしたい人必見!効果を上げる5つの方法」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

豆乳バナナの食べ方・飲み方と注意点

豆乳は一日に200ml程度飲むようにする

豆乳は一日に200mlほどを飲むようにしましょう。200ml以上飲むとイソフラボンを摂り過ぎてしまいます。イソフラボンの一日に必要な量は70mg〜75mgとなっており、それ以上だと摂り過ぎの恐れがあります。先ほどご紹介した通りイソフラボンの過剰摂取は生理痛を悪化させる恐れがあるので注意が必要です。またイソフラボンは豆腐や納豆といった大豆製品からも摂取することが出来るので、豆乳と大豆製品のバランスを考えて豆乳の量を調整してくださいね。

豆乳バナナは朝食代わりに最適

豆乳バナナは朝食に最適です。今まで朝食を食べていた人は豆乳バナナに置き換えることでダイエットに活用することが出来ます。朝食はしっかり食べておきたい派の人も、朝食前に豆乳バナナを飲むことで朝食の量を抑えることが出来ますよ。また朝に豆乳バナナを飲むことで便秘の解消にも効果を発揮してくれるでしょう。

豆乳は温めると栄養吸収率アップ

豆乳は温めて飲むことで豆乳に含まれている豊富な栄養の吸収率がアップします。イソフラボンなど豆乳に含まれている栄養は温めても栄養が損なわれることなく摂取することが出来ますよ。朝、温かい豆乳バナナを飲むことで体を温めて基礎代謝アップも期待出来ます。

豆乳バナナの作り方とオススメレシピ

豆乳バナナドリンク

tounyuubanana
Cpicon 豆乳バナナドリンク by Ayaka_01

豆乳とバナナをミキサーに入れた簡単シェイクです。こちらはカルピスで甘みを出していますが、ダイエット中の方はハチミツやノンカロリーシュガーで味を調整することをオススメします。

豆乳バナナスムージー

Smoothie
Cpicon バナナの豆乳スムージー by violets

豆乳、バナナ、ヨーグルト、黒ゴマを混ぜたスムージーです。ハチミツで甘みを出してとってもヘルシーなスムージーです。豆乳とヨーグルト、バナナの組み合わせで便秘解消効果の期待大ですよ。

ホット豆乳バナナオレ

hot bananatounyuu
Cpicon ホッとバナナオレ♪ by ゆきちゃな

豆乳は温めて飲むことで栄養の吸収率がアップするのでオススメです!また温かい飲み物は食事の前に飲むことで食欲を抑制する効果があるのでダイエット中の人にオススメの飲み方ですよ。

この他にも青汁やきな粉、ココアなどは豆乳と相性が良いので色々アレンジしてみてはいかがでしょうか?豆乳のアレンジレシピについては「豆乳でダイエットしたい人必見!効果を上げる5つの方法」でまとめていますので参考にしてみてくださいね。

まとめ

豆乳とバナナの組み合わせは便秘解消、ダイエット効果、美肌効果など様々な嬉しい効果が一杯です。特に女性の生理前に飲んで頂くことでより効果を実感して貰えます。

豆乳とバナナそのままでも美味しいのですが、アレンジを加えることでいろんな味を楽しむことが出来るので是非チャレンジしてみてくださいね。豆乳に含まれるイソフラボンの過剰摂取は女性の生理痛の悪化の原因となりますので摂り過ぎには十分ご注意くださいね。