forties skin care

今からでも大丈夫!40代のスキンケア方法と生活習慣

  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
forties skin care

40代になった途端に肌の調子が一気に悪くなったような気がするという方も多いのではないでしょうか?

40代を迎えるとホルモンバランスの変化によって肌の調子が悪くなってしまいます。また、肌の調子が悪くなることでストレスを感じでさらに悪化する場合も。

今日は肌をキープするための40代のスキンケア方法についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

40代の肌に起こる3つのこと

1.ホルモンバランスの変化

forties skin care

40代になって一気に肌の調子が悪くなる原因の一つとしてホルモンバランスの変化があげられます。40代になると更年期を迎えるにあたり、女性ホルモンが低下してくるため肌の調子が悪くなったと感じてきます。女性ホルモンは肌や髪を美しく保つためには欠かせないホルモンです。

肌の水分量の低下

女性ホルモンが低下してくると肌の角質層の水分が低下し、肌の潤い成分であるコラーゲンやヒアルロン酸が低下してしまいます。水分を失った肌はツヤやハリが失われるためシワやたるみの原因となってしまいます。また水分が失われた肌は乾燥の原因にもなります。

シミが出来やすい

女性ホルモンの低下するとメラニン色素が増加してしまうためにシミが出来やすい肌になってしまいます。女性ホルモンの一つにエストロゲンがあります。エストロゲンは女性らしい体を作るために欠かせないホルモンで、このエストロゲンが低下するとメラニン色素が増えやすくなるためシミが出来やすくなってしまいます。またエストロゲンは髪や爪の発育にも関わっているため40代になると髪の毛のツヤがなくなったり、毛髪量の減少や爪が割れやすくなるといった症状の原因となります。

2.肌の糖化

「肌の黄色くくすんできた、美白コスメの効果を感じなくなってきた、肌の弾力やハリがなくなって柔らかさを感じなくなってきた」という悩みを抱えている人は肌の糖化が原因かもしれません。

肌の糖化とは、体内にある糖がタンパク質と結びつくことを言います。血液中にある余分な糖がタンパク質と結合することで糖化生成物を生成します。この糖化生成物が肌を老化させたり、肌が黄ばんでしまう原因なんです。

お肉を焼いたときに茶色くなったり、砂糖水を熱すると茶色くなってカラメルになるのと同じような現象が肌にも起こってしまうのです。焼けたあとのお肉やカラメルを元の砂糖水に戻すことが出来ないように肌の糖化も元に戻すことは出来ません。肌の糖化は紫外線とも深い関係があって紫外線を浴びることで糖化物質を増加させてしまいます。

肌の糖化を予防するためには食生活の見直し、紫外線対策が必要になります。

3.肌の酸化

肌の酸化とは鉄が錆びるのと同じように人の体も酸化し肌の細胞が劣化していくことです。過度なストレスや紫外線を浴びることで体内にある酸素が体に悪影響を及ぼす酸素、「活性酸素」となって体の酸化を促し老化現象を引き起こしてしまいます。肌が老化することでシワが出来たり、肌のツヤやハリがなくなったり、シミが出来やすいといった肌不調を招いてしまうのです。

紫外線対策はもちろんのこと、抗酸化作用がある食べ物を取り入れたりしながら酸化を予防することも大切です。

40代のスキンケア方法

40代はホルモンバランスの変化に伴う水分、油分の低下による乾燥やコラーゲンやヒアルロン酸も減少するためシワやたるみが出来やすい状態です。また、紫外線の影響も受けやすくなるためシミも出来やすくなってしまいます。40代は今まで行っていたスキンケアよりも入念にケアする必要がありますよ。しっかりとケアしてあげることで肌の老化を予防し、肌を良い状態でキープすることが可能となります。ここからは40代のスキンケア方法についてご紹介しますね。

まずは保湿

40代のスキンケアで一番大切なことは「保湿」することです。ホルモンバランスの変化によって肌の水分や油分を低下してしまうため肌が乾燥しやすい状態です。肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となりますので今まで以上にしっかりと保湿することが何より大切です。

今まで化粧水だけに頼っていた人は40代になったら化粧水よりも美容液やクリームを使った保湿ケアに力を入れていきましょう。

多くの化粧水は約90%が水分です。そのため化粧水を付けた瞬間は潤ったように感じますがその潤いをキープすることが出来ません。化粧水を付けたあとにしっかりと保湿してあげることが大切になってきます。

nuruonnssenn2

参考URL:塗る温泉

塗る温泉には温泉特有のミネラルイオンが豊富に含まれているため乾燥しがちな40代の肌に潤いを与えてくれます。温泉に入ったあとのしっとりモチモチとした肌を体験したことはございませんか?クリームを塗るだけでまるで温泉上がりのしっとり感を実感することができますよ。赤ちゃんのおむつかぶれにも使うことが出来るくらい肌に優しい成分なので敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。

そのほか「セラミド、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸」といった成分が含まれている美容液や美容クリームは保湿力が高いためオススメです。

まずはしっかりと保湿することで肌の状態を改善することが出来ますよ。

洗顔方法も見直しましょう

若い頃は何も気にせずガシガシ洗顔してもなんの問題もなかった肌ですが、40代になると洗顔の方法も見なおさなければなりません。乾燥しがちな40代の肌は洗顔の方法も肌を乾燥させる原因となってしまいます。

洗顔フォームをよく泡立てて肌を直接擦らないようにしたり、洗い流すときはぬるま湯を使ったりと正しい方法で洗顔するように改善していきましょう。

正しい洗顔方法については「乾燥肌のあなたのための正しい洗顔方法5つのポイント」で詳しくご紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。

クレンジングの選び方にも注意して

クレンジングも肌の潤いを奪い乾燥肌を引き起こす原因となってしまいます。どんなメイクでもしっかり落とせるクレンジングには界面活性剤という成分が配合されていて洗浄力が強い反面、肌に必要な皮脂をも落としてしまうため乾燥肌の原因となってしまいます。

肌の潤いをキープしながらメイクを落とすことも肌の状態をキープするためには欠かせません。クレンジングについては「敏感肌のあなたが使うべきクレンジングの選び方」で詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

紫外線対策

UV light

肌の糖化や酸化に大きな影響を与える紫外線。本来は若いときから紫外線対策は行なっておくべきではありますが、40代になったら今まで以上に注意する必要があります。紫外線対策をしっかりと行なって肌の老化を防ぎましょう。

紫外線対策といえば日焼け止めクリームですが日焼け止めクリームの選び方にも注意が必要です。40代の肌はただ単に日焼け止め効果の高いクリームを使えばよいというワケではありません。日焼け止めクリームも肌が乾燥する原因となるため出来るだけ肌に優しいタイプのものを選ぶようにしましょう。夏場、屋外でのレジャーやスポーツをするときは数値の高いものを使用し、普段は出来るだけ肌に負担をかけないものを選ぶことをオススメします。

コラーゲンやヒアルロン酸といった成分が配合されたクリームは肌の保湿力も高いためオススメです。

生活習慣の見直しで若々しい肌をキープする

ここまでは40代のスキンケア方法をご紹介してきました。スキンケアも大切ですがそれと同じくらい生活習慣も大切になってきます。ここからは肌の若々しさを保つための生活習慣についてご紹介しますね。

食生活の見直し

炭水化物やスイーツの食べ過ぎはNG

先ほどご紹介した肌の糖化を防ぐためだったり、肌の酸化を防止するためには食生活の見直しも行うことをオススメします。肌の糖化に関しては炭水化物やスイーツに含まれている糖分をたくさん摂取することで起こってしまいます。また血糖値を急上昇させることでも起こりやすいため炭水化物や甘いお菓子や飲み物を控えることが大切です。糖分を控えると同時に食事のときの食べる順番を意識することでも血糖値の上昇を抑制することが出来ますよ。「食べ順ダイエットで効果を出すために知っておくべき基礎知識」では血糖値の上昇を抑える食べ順についてご紹介しています。ダイエット効果もあるので是非参考にしてみてくださいね。

抗酸化作用のある食べ物を取り入れる

肌の老化を予防する効果がある食べ物を食事に取り入れていきましょう。ビタミンEやリコピン、アスタキサンチンといった成分を含んでいる食べ物には抗酸化作用があるため肌の老化を予防することが出来ますよ。肌に良い食べ物に関しては

美白効果の高い食べ物とすぐにでも改善すべき生活習慣
体の中から美しく!美容にいい食べ物と美容に悪い食べ物
上記の2つで詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

体を温めて肌の調子を整える

体を温めることでも肌を状態を改善することが出来ます。特に冷え性の人は血液の流れが悪くなっているため新陳代謝が低下し、潤いのある肌を作ることが出来ていません。半身浴でゆっくりと全身を温めたり、体を温める効果がある食べ物を食事に取り入れたり、時間に余裕がある方は適度な運動することで体を温めて肌の調子を整えることが出来ますよ。

自律神経の乱れを整える

自律神経の乱れも血液の循環を滞らせて肌の不調の大きな要因になってしまいます。リラックスしたときの副交感神経と活動しているときの交感神経のバランスを整えることで自律神経の乱れを整えることが出来ます。日々、忙しく働いているとどうしても交感神経が優位となって睡眠の質が低下したり、過労や強いストレスを抱えているときも交感神経が優位となることで自律神経が乱れてしまいます。

半身浴や軽度の運動などリラックスする時間を作ることで良質な睡眠を取ることが出来ますよ。

まとめ

40代の肌にはホルモンバランスの変化や肌の糖化、体の酸化といった要因によって肌の調子が悪くなってしまいます。若いときは多少の無理も出来ていたかもしれませんが40代になると無理が一気に体にあらわれてしまいます。

まずはしっかりと保湿して肌の乾燥を防ぎ潤いをキープすることが大切です。洗顔や紫外線対策も同時に行い肌へのダメージを軽減していきましょう。

スキンケア同様、生活習慣の見直しも大切です。当たり前かもしれませんが規則正しい生活が肌の状態をキープするために必要不可欠ですよ。今日ご紹介したスキンケア方法や見直すべき生活習慣を参考にしていただきいつまでも若々しい肌をキープするためにお役立てくださいね。