eye catch

肌の水分量を上げる!スキンケア方法と見直すべき生活習慣

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
eye catch

歳と共に肌の潤いが低下してきた、または乾燥肌で化粧ノリが悪くなってきたと感じていませんか?肌の水分や油分が低下することで乾燥肌になって放おっておくと肌荒れやシワ、シミといった肌トラブルの原因となってしまいます。

肌の水分量を増やしてそれをキープすることで肌の乾燥を防ぎ、肌の状態をキープすることが出来るようになりますよ。肌の水分量を増やすスキンケア方法と生活習慣をご紹介しますので是非参考にしてみてください。

あなたの肌の状態を確かめるには?

moisture of skin

肌の水分量を把握する

スキンチェッカー

最近化粧ノリは悪い、または肌がカサカサしていると感じているあなたの肌はどのくらい乾燥しているのかを知りたくありませんか?あなたが思っている以上に肌が乾燥している場合、早急に対策しないと肌トラブルの原因となってしまいます。肌の状態は自宅で自分でもチェックすることが出来るんです。

 

肌に当ててスイッチを入れて5秒で診断可能なスキンチェッカーを使うことで今の肌の状態を瞬時に測定することが出来ます。肌の水分量と油分、肌の柔らかさといった3つの状態を測定することが出来ますよ。

肌は水分があるだけでは潤いを保つことが出来ません。油分は肌の潤いをキープするためには欠かせない要素なんです。水分が豊富でも油分が少ないため乾燥している可能性も考えられます。

水分と油分をバランスよく保持出来る肌が理想的ですのでスキンチェッカーを使って肌の状態を客観的に確かめることが水分量を上げるためには欠かせません。

その日の体調や生活リズム、ストレスなど環境によって肌の状況も変化しますのでこまめに肌の状況を把握してスキンケアに活用してみましょう。

WEB診断

肌の状態をいくつかの質問に答えることで診断してくれるサイトもあります。WEB診断は誰でも気軽に出来るので時間があるときに試してみてください。ただ、WEB診断は質問に回答するときに主観が入るのでスキンチェッカーほど正確な診断が出来ない可能性があります。

誰でも無料で出来るので興味のある方は試してみてくださいね。

・ロレアルの肌診断

・オルビスの肌診断

・パナソニックの肌診断

美容カウンターを活用する

Counseling

スキンチェッカーでも肌の状態を知るうえである程度の目安になることは間違いありません。でも、より正確に肌の状態を知りたい人は美容カウンターでチェックしてもらうのが正確に診断することが出来ます。

・SKⅡの肌診断

・estの肌診断

・エスティ・ローダーの肌診断

イオンなどの大型のショッピングモール内にある化粧品売場で肌診断を実施してくれます。大手の化粧品メーカーではそれぞれ肌の診断を行いあなたの肌に合う化粧品を提示してくれます。

ただ美容カウンターで診断した場合、間違いなく商品説明や売り込みをされますのでそれが嫌な人にはオススメ出来ません。

肌診断の活用方法

肌診断はあなたの肌の状況を把握するためには有効な手段です。ただ、状況を把握しただけで満足してはいけません。今の状況を把握したうえで今後のスキンケア方法や生活習慣を見直すために活用しなければなりません。

20代はニキビや吹き出物が出来る脂っぽい肌質だったのに最近は肌の乾燥が止まらないというような肌質の変化を把握しておきましょう。お肌の曲がり角を過ぎるとスキンケア方法も徐々に見直ししていく必要があります。

40代以降はホルモンバランスの変化によってより肌が乾燥しやすかったりシワやシミなどの肌トラブルを予防するスキンケアをしていかなくてはなりません。次は肌の水分量を上げるスキンケア方法についてご紹介しますね。

肌の水分量を上げる3つのスキンケア方法

forties skin care

1.化粧水も大事!でも保湿することが一番大切

肌の水分量をアップさせるために化粧水をたくさん使うことで肌に潤いを与えようとしていませんでしょうか?化粧水をたっぷり肌に付けたあとは肌がしっとりして潤ったように感じますよね?でも、ほとんどの化粧水の約90%は水なので使用してすぐは潤ったように感じますが潤いを持続させる効果がありません。

肌の水分量をあげるためには化粧水も大事ですが、肌が本来持っている水分を逃がさないように保湿して角質層の水分保持力を促すケアをして上げることが最も効果的な方法です。

肌の水分保持力を高めるためには保湿力の強い美容液や美容クリームを活用してください。

温泉に入ったあとのしっとり感!塗る温泉

nuruonnssenn2

参考URL:塗る温泉

塗る温泉には温泉特有のミネラルイオンが豊富に含まれている保湿性基礎化粧品です。温泉に入ったあとのしっとりモチモチした肌を体験したことはございませんか?塗る温泉は温泉に入ったあとのしっとり感をクリームを塗ることで得ることが出来る保湿力に優れたクリームなんです。

赤ちゃんのおむつかぶれにも使えるくらい肌に優しい成分なので、敏感肌に悩んでいる人でも安心して使うことが出来ますよ。使用した方の中にはアトピー症状の改善も見られたという人もいるようです。

保湿効果の高い成分「セラミド」



 参考URL:アヤナストライアルセット

セラミドはたくさんある保湿成分の中でもトップクラスの保湿力を誇る成分で肌の水分保持力を高めるためには欠かせない成分のうちの一つです。

セラミドが配合されている美容液はたくさんありますが、選ぶときのポイントとして「ヒト型セラミドが配合されているか」、「セラミドの配合量」、「コスパが見合うか」という3つのポイントがあります。

セラミドには「ヒト型セラミド・非ヒト型セラミド・擬似物質」の3種類あります。この中で最も保湿効果があるのがヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドは人間の肌に含まれているセラミドと同じ構造をしているため保湿力に優れています。非ヒト型セラミドは馬や豚、植物などから作られたセラミドなのでヒト型の保湿力には劣ります。また擬似物質はセラミドに似た構造をしているもののセラミドではないため保湿力はかなり劣ります。

このように商品に「セラミド配合!」と謳われていてもどのタイプのセラミドが含まれているのかにも注意して選ぶようにしましょう。

2.クレンジングにも要注意!乾燥を防ぐクレンジング選び

クレンジングも肌の水分を奪う原因の一つなのをご存知ですか?ガッチリメイクを簡単に落とせるクレンジングオイルはメイクを落とす洗浄力が強い反面、肌に必要な皮脂も一緒に落としてしまうため肌の水分が奪われる原因となってしまいます。

肌の水分が足りていない場合はクレンジング剤も肌に優しいタイプのものを選ぶ必要がありますよ。

クレンジングオイルやクレンジングジェルのほとんどには界面活性剤という添加物が含まれていて、この成分が洗浄力をアップさせています。界面活性剤の効果でサラッとメイク落としが出来ますが肌の潤いが足りていないあなたの肌には刺激が強すぎるのかもしれません。

洗浄力は劣るものの比較的肌に優しいのが「クレンジングクリーム」と「ミルククレンジング」です。

この2つは比較的肌に優しい成分であるのと同時に肌への摩擦が少ないという点でも優れています。肌への摩擦は乾燥や肌荒れの大きな原因です。顔に皮膚は体の中でも特に薄いので少しの摩擦でも刺激が強くダメージが大きくなってしまうのです。

肌に優しく摩擦も少ないクレンジングを活用することで肌の水分保持に効果的ですよ。「敏感肌のあなたが使うべきクレンジングの選び方」では肌に負担の少ないクレンジングについて詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。また、オリーブオイルを使ったクレンジングココナッツオイルを使ったクレンジングもあなたの肌に合っているかもしれませんので興味のある方は読んでみてくださいね。

3.洗顔方法の改善で乾燥予防

face wash

間違った洗顔方法も肌の水分を奪う原因です。若い頃はニキビが出来やすい体質なのでニキビ予防に効果がある洗浄力の強い洗顔フォームを使い続けていませんか?

洗顔フォームもクレンジング同様、肌に必要な皮脂を奪ってしまうため肌が乾燥したり肌荒れする原因なんです。

「洗顔するときに顔をゴシゴシ擦る・熱いお湯で洗いでいる・洗顔後タオルでゴシゴシ擦る・洗顔後に化粧水だけ」といった間違った洗顔をしていませんでしょうか?

正しい洗顔は肌の潤いをキープするための基本です。「乾燥肌のあなたのための正しい洗顔方法5つのポイント」では正しい洗顔方法について詳しくご紹介していますので是非参考にしていただき、正しい洗顔を身につけて乾燥を予防してくださいね。

肌の水分量を増やす3つの生活習慣

肌の水分量を上げるためにはスキンケアと同様に規則正い生活習慣も大切です。若い頃は多少無理をしても肌に影響がなかったかもしれません。ですが歳と共にちょっとの無理が一気に肌に現れるようになったと感じていませんか?

生活環境や食生活も肌に良い習慣を取り入れることで肌の状態をキープすることが出来ますよ。

1.肌の水分が奪われないための環境作り〜湿度

空気が乾燥する冬は肌の水分も奪われるため乾燥してしまいます。特に室内は暖房機を使うので湿度も低下し肌も乾燥しやすくなってしまいます。

冬場は湿度の管理も肌の水分量を上げるために必要ですよ。快適に過ごすために必要な湿度は40%〜60%と言われています。室内が40%以下の湿度の場合、肌の乾燥も進行してしまいますので快適な湿度を維持出来るように加湿器を活用しましょう。

湿度の維持は風邪やインフルエンザなどの菌対策にもなりますので肌と一緒に病気予防にも効果的です。加湿器にはいろんな種類があってどれを選んでよいか迷ってしまいますよね。加湿器選びに迷っている方は「加湿器選びに迷ったら参考にして欲しいオススメ加湿器8選」を参考にしてみてくださいね。

2.体の中から水分補給!肌に良い食べ物

Vitamin C

人間の体は食べるものから成り立っています。肌の水分量を上げるためには食べ物を改善することで肌の状態をキープすることが出来るようになりますよ。

一般的に肌に良いとされるビタミンはもちろん、良質なタンパク質は健康な肌を作るためには欠かせません。また水分を維持するためには皮脂も欠かせません。皮脂の分泌には良質な油も適度に摂取することが大切なんです。

肌に良いとされる食べ物はたくさんありますがどれか一つをたくさん摂取するのではなく、どれもバランス良く食事に取り入れることが大切です。肌に良い食べ物については「体の中から美しく!美容にいい食べ物と美容に悪い食べ物」で詳しくご紹介しています。

美肌効果といえばやっぱりビタミン。ビタミンについては「肌荒れを改善するなら!肌荒れに効果的なビタミンと食べ物」「ビタミンB群は全部で8種類!ビタミンBの効果と豊富な食品」でも詳しくご紹介していますので興味のある方是非合わせて読んでみてくださいね。

3.肌には規則正しい睡眠が必要

睡眠不足が続くと肌の調子が悪くなった経験はございませんか?睡眠は健康な肌を作るためには欠かせません。肌に良い栄養を補給してしっかりと睡眠時間を確保することで肌の状態を改善させることが出来ますよ。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため肌のターンオーバーを促し、健康な肌に生まれ変わることで良い状態を作ることが出来ます。睡眠不足が続くと十分な成長ホルモンが分泌されずに正しいターンオーバーが出来ずに調子が悪くなってしまいます。

年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期が長くなっていくため若いときと同じような肌の生まれ変わりが出来なくなっているため睡眠不足が続くと肌の調子が顕著に悪化してしまうのです。また睡眠不足はストレスの原因にもなりますよね。

大きなストレスを抱えた状態はストレスホルモンが分泌され、このストレスホルモンも肌に悪影響を与えてしまうのです。肌の調子が悪いときは無理せずにしっかりと睡眠時間を確保することを優先させることもスキンケアのうちの一つです。

良質な睡眠を取るためには自律神経を整えることが大切です。お休み前に半身浴でリラックスして体を温めることで眠りにつきやすくしたり、寝る3時間前からスマホやテレビを見ないようにすることで睡眠の質を改善させることが出きますよ。時間があるときは散歩など軽度の運動は肌にも良いですし、良質な睡眠を得るためにも有効です。

まとめ

自分で感じる肌の乾燥はあなたの想像以上に乾燥しているかもしれません。肌の状態チェックは測定器を購入することで大まかな測定は可能です。そんなに高くないので肌の状態を知りたい方は購入してみてください。本格的に診断したい方は美容カウンターでの診断をオススメします。

水分量を上げるためのスキンケアはまず保湿することを再優先しましょう。化粧水だけでは保湿出来ないので保湿力の高い美容液やクリームを活用してみてください。クレンジングや洗顔も水分を奪う原因となりますので水分を維持出来るような方法でケアしていきましょう。

スキンケア同様に生活習慣も意識してみてください。冬場の湿度や食事、睡眠の質も健康な肌を維持するためには大切ですよ。今日ご紹介した水分量を上げる方法を参考にしていただき、潤いある肌の維持にお役立てくださいね。